議会報告

平成29年9月定例会

一般質問 池谷 晴一 県議

(平成29年9月28日)

地震防災応急対策

国の中央防災会議の調査部会は、現行の大規模地震対策特別措置法(大震法)で定められている確度の高い地震の予測は、現時点ではできないとする報告をまとめた。現行の大震法を踏まえた地震防災応急対策について、見直す必要があると思う。

A

防災対応は、経済 活動や交通機関の運行等、社会生活に影響を与える可能性もあり、広く合意形成を図る必要があることから、年内に防災関係機関で構成する検討会を設置し、地震防災応急対策の見直しを進める。
このたび、南海トラフ巨大地震の防災対応を検証するモデル地区に静岡県が選ばれた。これは、本県には三十数年の蓄積があることが評価されたものであり、国のガイドライン策定にも貢献できると考えている。

池谷 晴一

池谷 晴一

いけや せいいち

[御殿場市・小山町]