議会報告

平成30年2月定例会

代表質問 鈴木 智 県議

(平成30年02月26日)

公文書管理の強化

本県の公文書管理の取り組みは神奈川県や熊 県等の先進県に比べかなり遅れている。公文書の保存期間を原則1年以上とすること、廃棄の際には記録の作成と第三者によるチェックを義務付けること等を規定した公文書管理条例を早期に制定するとともに、浸水想定区域にある田町文庫に代わる公文書館整備の検討も早急に始めるべきだ。

A

国で「行政文書の管理に関するガイドライン」の改正がされたこともあり、速やかに公文書管理規定の点検を進め改正を行なうとともに、条例制定についても今後の課題として検討する。また、田町文庫については、当面は書棚の最下段の利用を控える等の対策を講するとともに、公文書全体の保存のあり方を中長期的な課題として検討を進める。

鈴木 智

鈴木 智

すすき さとる

[静岡市駿河区]