議会報告

平成30年9月定例会

代表質問 阿部 卓也 県議

(平成30年09月21日)

災害対策の一層の充実

静岡県の災害 対策の一層の充実のために2点の提案をする。まず「発災時の正確かつ生活者目線での情報伝達」。県内12のコミュニティFM局を平時よりもっと活用し、発災時は緊急地域情報を発信する。また、農業用施設の風水害対策として、ため池の災害対策強化と「対候性ハウス」の導入支援などを強化すべきと考えるがどうか。

A

ラジオは停電  時や高齢者への情報伝達ツールとしての有用性が、各地の災害被災地で再認識されている。早急にコミュニティFM局と協働して、受信可能範囲の確認や、平時からの防災訓練への参加などを通して、災害時の情報伝達体制を強化する。農業施設の風水害対策についても、補正予算の計上や県単独の助成制度を創設・活用して災害に強い施設整備に努める。

阿部 卓也

阿部 卓也

あべ たくや

[浜松市浜北区]